妊娠しやすい体位

同じセックスでも、体位によって妊娠のしやすさが変わってきます。ポイントは「子宮に精子が届きやすいか」です。

サイトマップ

妊娠しやすい体位
妊娠しやすいtop > 夫婦生活 > 妊娠しやすい体位

妊娠しやすい体位とは?

妊娠の確率を高めるためには、セックスをしたときによりたくさんの精子を子宮へと送ることが効果的です。そのためには、出来るだけ子宮に近い場所で射精をすることが望ましいので、セックスの時の体位がポイントになってきます。

妊娠しやすい体位というのは、いくつかありますが、一番一般的なのは正常位です。この体位は、仰向けの女性の上に男性が乗る体位で、セックスの体位で一番ポピュラーですね。

女性が仰向けで下になることで、子宮から精液がこぼれにくいというのも妊娠しやすい理由ですが、女性の足を男性の両肩にかけて行うと、普通の正常位よりも深く挿入出来るのでさらに効果的です。

それに、お互いの顔が見えることで、安心したり愛しい気持ちがわいてくるなど、精神的にも妊娠に良い影響を与えます。

「子宮に精子が届きやすい」がポイント

また、もうひとつポピュラーな体位で、女性が四つんばいになって男性が後ろから挿入する、バックという体位がありますが、これも妊娠しやすい体位と言われています。

もしも、ちょっと太っていてお腹のお肉が邪魔になるような方は、正常位よりもバックの方がお勧めです。

他には、骨盤を圧迫しないで、より精子が子宮の奥まで入りやすい体位として、横向きの体位(側仰位・後側位)があります。これは、正常位のままやバックのまま横になるというもので、骨盤が弛緩して子宮に精子が送り込みやすくなるそうです。

ただし、この体位ではあまり激しい動きが出来ないので、正常位やバックで射精した後、この体位にしてみるという方が効果的かもしれません。

性器の形や大きさ、自分が感じやすい体位というのも人それぞれ違うものなので、一概にどの体位が一番妊娠しやすいとは言えませんが、いろんな体位を試してみて自分にあったものを見つけてくださいね。