妊娠しやすい食べ物とは

食生活を改善することで妊娠しやすくすることもできます。ここでは、妊娠しやすい食べ物を紹介したいと思います。

サイトマップ

妊娠しやすい食べ物とは
妊娠しやすいtop > 妊娠しやすい食べ物 > 妊娠しやすい食べ物とは

"冷え"は妊娠の大敵!

女性の体というのは冷えやすく、不規則な生活を送ったりいい加減な食生活をしていると、冷え性になってしまい余計に妊娠しにくくなります。

というのも、冷え性になると子宮や卵巣の機能が低下してしまい、赤ちゃんが出来にくい体になってしまうのです。

さらに体の冷えをそのままにしておくと、婦人科系の病気にかかりやすくなってしまうのです。

子宮が冷えてしまうと、「排卵障害」や「生理痛」などの症状が出たり、症状が重くなった場合には「卵巣脳腫」や「子宮筋腫」などの病気にかかってしまいます。

排卵障害は、読んで字のごとく、妊娠するために必要不可欠な排卵がされなくなってしまうことです。また、卵巣脳腫や子宮筋腫などは、赤ちゃんを育てるための体内環境が作れないということになるので、妊娠などは問題外になりますね。

冷え性がよくないもうひとつの理由

また、冷え性のせいで妊娠しづらくなる原因というのはもうひとつあって、血行が悪いということがあげられます。

血行が良くないということは、ホルモンのバランスを崩してしまうので、さらに妊娠しづらくなるのです。

というのも、ホルモンバランスが狂ってしまうと、体の機能がホルモンバランスを整えることで手一杯になってしまい生殖機能が衰えてしまうからです。

冷え性をすばやく改善するのであれば、マッサージなども効果的ですが、冷え性を根本的に改善するとしたら食生活や食べ物を見直す方が効果的でしょう。

体を冷やす食べ物は控えましょう

食べ物には、体を冷やしてしまうものと、血行をよくして冷え性を改善するものの2種類があります。

体を冷やす食べ物としては、夏野菜と呼ばれるものが代表的です。きゅうりや茄子などは、特に体の冷えを助長してしまうので、摂りすぎには注意してください。

慢性的な冷え性を改善して、妊娠しやすくするためには、体を温めてくれるにんにくや生姜などを薬味としていろんなものに組み合わせたりして、毎日摂るのがお勧めです。