妊娠向けの運動

妊娠しやすい体作りにおいて、適度な運動はとても効果的です。妊娠向けの運動にはどのようなものがあるのかチェックしてみましょう。

サイトマップ

妊娠向けの運動

適度な運動が効果的な理由

妊娠しやすい体というのは、体質も関係していますが、胎盤内の血流をよくすることで生殖器官の働きを高めるとより妊娠しやすい体に出来ます。

血液が体内を循環するというのは、臓器を健康に保つための栄養をしっかりと届けていることになり、子宮や卵巣など妊娠した時に必要な臓器も赤ちゃんを迎え入れる準備が整います。

子宮や卵巣が正常な働きをしていれば、女性ホルモンが分泌されて、さらに妊娠の効果が期待できるのです。体内の血液を循環させるには、適度な運動をすることが一番です。

ウォーキングは非常に効果的

妊娠向けの運動というのは、エアロビクスのような激しい有酸素運動よりも、ウォーキングやヨガなど動きがスローでもリラックスして楽しめる運動が向いています。

特にウォーキングは、いつでもどこでも出来るものですし、自分の体調に合わせて行うことが出来るので毎日続けやすいでしょう。

また、ウォーキングをするとふくらはぎの筋肉を効果的に使うことが出来るのですが、ふくらはぎの筋肉というのは、体内の血液循環にとても大きな影響を与えます。

ふくらはぎの筋肉運動をすると、下半身へと下がっている血液が心臓へと押し戻され、そこから全身へと血液が巡っていくからです。

室内でできるヨガやストレッチ

もしも、天気が悪い日が続いたり、外へ出るのが面倒なようであれば、ヨガのDVDを見たりストレッチをするだけでも効果があります。

血液の循環を良くして妊娠しやすい体にすることも大事ですが、適度な運動をすることよって、心からリラックスすることも妊娠には大切なことです。

ストレスを溜めない体にして、毎日を明るい気持ちで過ごすというのは、女性ホルモンの分泌を盛んにしてくれます。

どんな運動でも、まずは自分がして気持ちよくなれるものを、毎日少しの時間でもいいから続けることで、妊娠しやすい体になっていきます。