妊娠しやすい体質

妊娠するためには、その人のもつ体質が大きく影響します。妊娠しやすい体質になるように自分にできることをがんばりましょう。

サイトマップ

妊娠しやすい体質

体質で妊娠率が変わる?

妊娠のためにいろんな努力をしている方もいれば、何もしていなくても1人目、2人目とどんどん子供が出来る人もいます。男性と女性が性交渉をして妊娠する確率というのは、全体の20%しかないのですが、特定の人に多く子供が出来るというのは体質が関係しているのです。

妊娠をするためには、ホルモンの分泌が正常に行われていたり、子宮や卵巣の働きが活発であることがとても重要になります。

妊娠しやすい人というのは、妊娠するための体の機能が、正常に行われているのに加えて活発に働いているという、両方の条件が満たされた体を持っているということです。

妊娠しやすい体質の見極め方

では、自分が妊娠しやすい体質かどうかを見極めるにはどうしたらいいのでしょうか。

もちろん、病院などで妊娠できる体かどうかを診察してもらうことも可能ですが、毎日の生活を見直してみることで、ある程度の予測は出来ると思います。

体の機能が正常に働いているか、というのは、規則正しい生活を送っているかどうかで分かります。もしも、いい加減な食事をしていたり、睡眠時間が少なくて寝不足が続いている方は、臓器に負担をかけていることが多いので妊娠しやすい体質とはいえないでしょう。

臓器に負担をかけてしまうと、活発な生殖活動も望めないので、妊娠しやすくするためには、栄養バランスが良い食事を決まった時間に摂るようにして、睡眠もたっぷり取ってください。

太りすぎや痩せすぎはNG?

また、太りすぎや痩せすぎというのも、ホルモンバランスが乱れる原因になり、妊娠しにくくなっています。

太りすぎの方は、ホルモンサイクルに異常がある可能性があるので、排卵障害を起こしている場合があります。痩せすぎの方は、栄養がしっかりと摂れていないことが多く、生理があっても排卵が起こっていないことがあります。

いずれにしても、毎日の生活を規則正しくすごして、適度な運動を取り入れながら、健康的な毎日を送ることが妊娠しやすい体質を作る秘訣です。