ストレス対策

ストレス対策をするためには、その原因を把握することが大切です。ストレスと上手に付き合うためにも癒しの時間は必要です。

サイトマップ

ストレス対策

肉体的にも精神的にも影響があるストレス

ストレスというのは、体の肉体的にも精神的にもかなりの影響を及ぼします。精神的がストレスの影響を受けると、拒食症や過食症、不眠症になったり、うつ病や引きこもりになってしまうことがあります。

肉体的に出る被害というのは、一般的に肩こりや腰痛、めまいなどの症状がありますが、ひどいものになると、胃潰瘍など胃を中心にした病気や円形脱毛症など髪の毛が抜けたりします。

また、女性の場合には生理不順になったり、妊娠がしにくくなるという症状が現れることもあるそうです。

いずれにしても、ストレスを溜めるというのは体に良くないことなので、ストレス症状が出たらすぐに解消出来るようにしておきたいものですね。

ストレスの原因を把握することが重要

ストレス対策の一つ目は、まずストレスの原因をしっかり把握することが肝心です。仕事のせいなのか、家庭内不和なのか、人付きあいなのか、自分に対するコンプレックスなのか、などストレスの原因は人それぞれですが、原因を把握しなければ上手に解消出来ません。

ですから、ストレスの原因を把握して、その原因を改善していくのがストレス対策になります。

でも、とにかくいろんな事がうまくいかなかったり、何となく落ち込むことが多いという場合には、気分を落ち着けて癒されることが一番。照明を落とした部屋でキャンドルをつけたり、自分の好きな香りを焚いたりして、目を閉じてみましょう。

5分だけでもいいので、体の力をすべて抜いて無理にでもくつろいでみてください。視覚や聴覚など体の機能を少しでも休ませることで、かなりリラックス出来るはずです。

もちろん、好きな映画を見たり本を読んだり、音楽を聴きながらドライブもいいでしょう。ストレス社会といわれる中でストレスを溜めないというのは難しいものですが、溜めこまないように、自分を癒してあげる対策を見つけておきましょう。