ストレスを受けると妊娠しにくい?

ストレスと妊娠の関係をご説明します。ストレスを受けてしまうと、体が妊娠しにくくなってしまうので注意が必要です。

サイトマップ

ストレスを受けると妊娠しにくい?
妊娠しやすいtop > 妊娠しにくい体質 > ストレスを受けると妊娠しにくい?

ストレスは無意識にやってくる?

赤ちゃんを授かるためにいろんな努力をしていると、だんだんとその努力がストレスになってきてしまうことがあります。

もちろん、自分が赤ちゃんが欲しいという気持ちで始めていることなので、最初はどんな努力でも前向きに取り組めると思います。でも、一生懸命努力していても、簡単に妊娠出来るというものではありません。

例えば、自分の好きな食べ物を赤ちゃんのために我慢をしたりするだけでも、それが長期にわたってしまうと、自分で意識をしなくてもストレスに感じてしまいます。

妊娠するためには、ストレスを溜めないということはとても大切なことです。ですから、妊娠のための努力をするということも大切ですが、自分の体や心に負担をかけないということも常に意識してください。

ストレスからくる症状とは?

ストレスの症状というのは、いらいらしたり、疲れやすくなったりするというのは自分でも分かりやすいものですね。

しかし、眠りが浅かったり、なんとなく食欲がなかったり、肩こりや頭痛がするという症状だと、ストレスというよりはその日の体調やただの疲れだと思ってしまいがちです。

せっかく体が「ストレスを感じている」という信号を送っているのに、それに気がつかないまま妊娠する努力を続けていても、なかなか妊娠出来ません。

これは不妊治療を受けている方でも言えることなのですが、ストレスが溜まれば溜まるほど妊娠しづらくなります。

辛い不妊治療のせいでストレスが溜まり、一度不妊治療をやめたら妊娠する確率が上がるとまで言われるほど、ストレスと妊娠には深い関係があるのですね。

確かに、ストレスがあるからと言って妊娠しないというわけではありませんが、基本的には自分を追い込まず、常に穏やかで幸せな気持ちでいることが妊娠への近道になります。

ストレス対策

ストレスというのは、体の肉体的にも精神的にもかなりの影響を及ぼします。精神的がストレスの影響を受けると、拒食症や過食症、不眠症になったり、うつ病や引きこもりになってしまうことがあります。

肉体的に出る被害というのは・・・