生理不順の人は妊娠しにくい?

生理不順の人が妊娠しにくいと言われる原因をご説明します。もし自分も生理不順に悩んでいるという方は早めの対策をお勧めします。

サイトマップ

生理不順の人は妊娠しにくい?
妊娠しやすいtop > 妊娠しにくい体質 > 生理不順の人は妊娠しにくい?

日本人女性の半分は妊娠しにくい?

生理というのは、妊娠するための体が整っているかどうかの目安になるものですが、日本の女性の約半数近くは生理不順だと言われています。

通常の生理は、26日から35日ぐらいの周期で回っていますが、これは生理が順調な人の周期であって、生理不順の周期の種類は2通りあります。

1つ目は、24日以内の周期でめぐってくる頻発月経というもので、普通の生理は約1ヶ月に1回なのに対して、2回から3回起こることがあります。これは、ホルモンの分泌に異常があったり、排卵がされていない状態になっているかもしれません。

2つ目は、35日以上も周期がかかってしまうのが稀発月経と呼ばれていて、こちらの場合は無排卵の可能性があります。生理の周期が短い場合でも、長い場合でも、排卵がなくなったり、放っておくと生理が来なくなってしまうかもしれません。

ですから、極端に生理の周期がおかしいと感じたら、婦人科などで診てもらうようにしましょう。

生理不順は早めに解決を

生理というのは精神的なことにも関係していて、疲れていたり、ストレスが溜まっている場合には、まったく来なくなることもあります。

こういう場合の生理不順というのは、直接妊娠には関係ないと思うかもしれませんが、ストレスなどは女性のホルモン分泌異常の原因になったりします。

妊娠するためには、ホルモンが正常に分泌されることがとても重要です。

もしも精神的な問題で生理不順になっているのであれば、心療内科を受診してみましょう。ただし、いずれの場合でも生理不順ということで神経質になってしまうのは良くありません。ホルモンバランスが崩れたとしても、無排卵になってしまったとしても、ちゃんと病院で治療をしてもらえます。

妊娠するために大切なのは、生理不順をそのまま放っておかないということです。

生理不順対策

生理不順になってしまうのは人それぞれ原因が違うものですが、どんな原因だったとしても、ホルモンバランスが崩れてしまうことが生理不順を引き起こします。

例えば、冷え性、不規則な生活、無理なダイエット・・・