冷え性対策1:運動と入浴

軽い運動や入浴で冷え性を改善する方法を紹介します。どちらも自分が気持ちいいと感じるペースで実践することが大切です。

サイトマップ

冷え性対策1:運動と入浴

軽い運動で冷え性対策

冷え性を防ぐにはいろんな方法がありますが、自分にあった方法を見つけることが大切です。確かに、手や足などはこすったり、靴下や手袋をすれば温かくすることが出来ますが、体内の冷え性は簡単には改善出来ません。

自分が毎日無理をせずに続けられる方法であることが大切です。

もしも、運動が好きという方であれば、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどを生活に取り入れるようにしてみてください。運動をすると血液の循環が良くなるので、体内の冷えにダイレクトに効果があります。

毎日1時間続けるというのは難しいと思いますが、ウォーキングであれストレッチであれ、10分程度を毎日行うことが出来れば、だんだん冷え性が治ってくるはずです。

入浴で冷え性対策

もうひとつ効果的な方法は、多くの女性が実践していることですが、入浴によって冷え性を解消することが出来ます。

体の芯から温まるには、熱いお湯に入るよりも、気持ちぬるめの温度にして30分以上半身浴をするのが理想的です。熱いお湯に入ると、一瞬血液の流れは良くなりますが、急激な流れになるので動悸やめまいを感じてしまうことがあります。

また、お湯が熱すぎるとのんびりリラックスすることも出来ません。冷え性を改善するための入浴というのは、ストレスを解消するという目的もあるので、自分が気持ちよく入れる温度に設定しましょう。

さらに、お湯の中でストレッチをしたり、足のうらのつぼを刺激したり、ふくらはぎをリンパにそってマッサージすれば血流を邪魔している老廃物が排出されるので冷え性を解消する効果が高くなるのでお勧めです。

運動にしても入浴にしても、毎日の生活の中に取り入れやすいものなので、自分が続けられる方をチョイスして冷え性を改善してください。