冷え性の人は妊娠しにくい?

妊娠したいのであれば、冷え性の人は要注意です。その理由と体に及ぼす悪影響を覚えておきましょう。また、冷え性対策の代表例も紹介します。

サイトマップ

冷え性の人は妊娠しにくい?
妊娠しやすいtop > 妊娠しにくい体質 > 冷え性の人は妊娠しにくい?

冷え性が妊娠に悪影響を及ぼす理由

冷え性になると妊娠しにくくなると言われていますが、多くの女性は冷え性に悩んでいるものです。また、不妊症の女性に多いのは、36℃以下の低体温症だというデータもあります。

どんな人でも寒い場所に行ったり体が冷えてしまうと、体が思うように動かなくなるという経験をしたことがあると思います。冷え性や低体温というのはこれと同じことが、体の中で起こっているというと分かりやすいのではないでしょうか。

つまり、普通であれば血液の循環によって体のすみずみまで栄養が行き渡るはずなのに、体の中が冷えると血行が悪くなってしまい、臓器に栄養が届かなくなってしまうのです。

臓器に栄養が行き渡らないということは、子宮や卵巣などが栄養不足になってしまうので、生殖機能がどんどん低下してしまいます。

また、妊娠に必要不可欠な女性ホルモンを、脳が頑張って分泌していても、血流が悪ければ卵巣などに運ばれないので、卵子を作ったり排卵したりという機能も狂い始めます。だから、冷え性の方は妊娠しにくいと言われるのですね。

冷えは子宮や卵巣の活動を妨げてしまう

冷え性には弊害があって、ホルモンが運ばれないだけではなく、体内が冷えることでホルモンのバランスが崩れてしまい自律神経も乱れるので、余計に体調が悪くなったりもするのです。

仕事や人間関係などではもちろん、体調が悪くなると極度のストレスを感じるものですし、ストレスがたまってくると赤ちゃんを迎え入れる精神状態ではなくなります。

赤ちゃんを授かるには、健康な体と精神状態でいるというのがとても大切なこと。冷え性になるということは、妊娠しにくくなるだけではなく、ひどくなると女性の体や精神に異常をきたすので、そのことでまたさらに体が冷えてしまうという悪循環をくりかえしてしまいます。

妊娠するためには、子宮や卵巣が正常に働いているというのが第一条件なのです。ですから、2つの臓器がきちんと生殖活動が出来るように、冷え性の方は改善することが妊娠への第一歩ということを覚えておきましょう。

冷え性対策1:運動と入浴

冷え性を防ぐにはいろんな方法がありますが、自分にあった方法を見つけることが大切です。確かに、手や足などはこすったり、靴下や手袋をすれば温かくすることが出来ますが・・・

冷え性対策2:食事

冷え性を改善する方法としては、運動や入浴などが性に合っているという方にとっては簡単に取り入れられる方法ですが、逆にそのどちらも・・・