生理中は妊娠しにくい?

生理中だからといって絶対に妊娠しないということはありません。ただ、統計的に子作りにチャレンジする人が少ないのが実情です。

サイトマップ

生理中は妊娠しにくい?
妊娠しやすいtop > 妊娠しにくい時期 > 生理中は妊娠しにくい?

「生理中は絶対に妊娠しない」は本当?

とにかく、絶対に妊娠しなくて安全なのは、生理中にセックスをすることだというのを聞いたことがあると思います。

では、本当に生理中にセックスをしても妊娠をしないのか、というと、答えとしては「妊娠しないわけではない」ということになります。というのも、妊娠するかしないかというのは、生理中かそうではないかということよりも、排卵日がいつなのかによって決まるからです。

ただし、このような説が出回るほど、確かに生理中は妊娠しにくいというのは本当ですが、その理由は特に医学的な根拠がある訳ではありません。

生理中というのは、女性によっては生理痛がひどかったり、気分が乗らないということが多くなるもの。男性にしても、普通の状態よりはあまり気乗りがしないという方も多いでしょう。

生理ではなく "排卵" を基準にしましょう

こうなると必然的に生理中に、子作りを頑張ろうというカップルは少なくなります。ですから、統計的に見ると「生理中は妊娠しにくい」というものになってしまっているのだと思います。

また、生理のイメージとしても、血が出ている訳ですから、精子も一緒に排出されてしまって受精が出来ないと感じる方もいると思います。

ただ、これは普段の子作りでも同じことで、ほとんどの精子は膣外に排出されて死んでしまうので、生理はあまり関係ないのです。

妊娠を望んでいる方なら、「生理中は妊娠しにくい」と思いこんでしまうよりも、気分が乗っている時なら子作りをした方がいいでしょう。どんな瞬間にも、妊娠の可能性というのは潜んでいます。

自分で「妊娠出来る、出来ない」と決めつけてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。もちろん、基礎体温をつけている方であれば、排卵日に照準を合わせて子作りするのが一番ですが、「生理」という理由だけで子作りをしないのはもったいないですね。