流産後は妊娠しにくい?

流産をした後は妊娠しにくくなるというイメージが先行しているようですが、決してそんなことはありません。

サイトマップ

流産後は妊娠しにくい?
妊娠しやすいtop > 妊娠しにくい時期 > 流産後は妊娠しにくい?

流産は基本的に自分が悪いわけではない

せっかく妊娠をしても、うまく着床していなかったり、赤ちゃんの染色異常などが原因になって流産をしてしまうことがあります。流産の確率は、妊娠した方の約15%となっているようです。

基本的に、流産の原因になるのは、母体に理由があるわけではなく、赤ちゃん自体に問題があって生まれなかったというのがほとんどの原因です。流産をしたらショックだと思いますが、だからといって、自分を責めたり、次の妊娠を焦ったりしないようにしてください。

特に、赤ちゃんが欲しくて頑張っていたという方は、流産という体の変調が不安になってしまうから、気持ちの上で焦ってしまうものです。

流産をした後というのは、妊娠がしやすいという人と妊娠しにくいという人がいます。でも、これは人の体質にもよることですし、流産の原因やその後の経過によっても変わるので、どちらの説が正しいということははっきり断定出来ません。

流産後に妊娠しにくくなるケースとは?

妊娠がしやすくなるというのは医学的な根拠はなく、強いて言えば、流産時に子宮を削ったりした場合、子宮の壁に傷がついて受精卵が着床しやすくなるという説があります。

ただし、妊娠したからこそ流産するのですから、妊娠することに関しての問題はないでしょう。人によっては流産してもすぐに妊娠をしたりするので、それが「流産後は妊娠しやすい」と言われるようになった所以かもしれません。

しかし、中には、流産をしてしまった後にせっかく赤ちゃんを授かっても、またすぐに流産してしまうという方もいます。流産が3回以上続くことは、習慣性流産と呼ばれているもので、これも含んで出産まで至らない妊娠を繰り返すことを不育症と言います。

流産の後は妊娠しにくいというのは、妊娠をしたとしても、立て続けに流産が起きてしまう人が多いのが原因かもしれません。

こういった流産が続く場合には、胎児自体の問題というより、母体に何らかの問題があると思われます。