中絶してると妊娠しにくい?

中絶経験があると以前は妊娠しにくいケースが多かったようですが、技術の進歩によりそういった問題点は改善されてきています。

サイトマップ

中絶してると妊娠しにくい?
妊娠しやすいtop > 妊娠しにくい時期 > 中絶してると妊娠しにくい?

中絶経験があっても、必要以上の心配は無用

昔は、中絶をすると妊娠しなくなったり、妊娠しづらくなるということが言われていました。確かに、中絶というのは、子宮の中から無理に赤ちゃんを出してしまうことなので、体への負担もありますし、子宮を傷つけてしまうこともあります。

女性の中には、中絶後に子宮などの臓器が炎症を起こしてしまって、それがもとになって妊娠しづらくなるということもあったようです。

しかし、変な話ですが、最近の中絶技術は進んでいるので、子宮を傷つけずに赤ちゃんを取り出すことが出来るようになりました。

炎症などを起こさないように、事前にお薬で抑えるということも出来ます。ですから、中絶をしたからと言って、妊娠が出来なくなるということはあまり心配する必要はないでしょう。

中絶による一番のリスクとは?

それよりも、中絶をしたことによる合併症で、細菌などの感染から炎症を起こしてしまうと、妊娠しづらくなってしまいます。

子宮や卵管に炎症を起こすと、子宮内膜が癒着してしまったり、卵管がふさがってしまうなどの症状が起きることがあります。こういった症状になると、不妊までならなくても、子宮外妊娠などの恐れも出てきます。

ですから、中絶をした後に炎症を起こしてしまったら、必ず最後まで治療をするようにしましょう。妊娠をしていないのに産婦人科に行くのが嫌だったり、面倒だという気持ちもあるかもしれませんが、治療を途中でやめてしまうと妊娠出来なくなる可能性があります。

また、精神的なことも妊娠には大きく関わってくるので、中絶がいいか悪いかは別として、あまり考えすぎないようにしましょう。

中絶後、妊娠するのに大切なのは、そのことで自分を責めたりしてストレスやうつ病にならないこと、そして二度と中絶をしないことです。