妊娠しやすい環境

妊娠しやすい環境をいかにつくることができるかは、妊娠する上での大切なポイントになります。

サイトマップ

妊娠しやすい環境
妊娠しやすいtop > 妊娠しやすい環境

まずは妊娠しやすい環境づくりから

女性の体というのは、とてもデリケートに出来ています。ちょっとした気持ちの変化や環境によって、自分で意識している以上に、ストレスを感じたり、落ち込みやすかったり、不安になったりするものです。

例えば、早く赤ちゃんが欲しい、と思っているのになかなか妊娠しない場合、心はどんどん焦ってしまい必要以上にストレスを感じています。

また、周りの人から「赤ちゃんはまだ?」と言われただけでも、自分の体のせいで妊娠しないんじゃないかと不安になったり、責められているような気持ちになることもあります。

でも、赤ちゃんというのは、健康な体と精神でいてこそ、安心して自分の体内に宿ってくれるのであって、不安や苛立ちを感じていたら授かりづらくなってしまいます。ですから、妊娠しやすくするためには、自分がいつでも健康でいられる環境作りをすることから始めましょう。

今すぐできる妊娠しやすい環境づくりとは?

環境作りと言っても、仕事や住む場所を変えたりするような、大掛かりなことではありません。まずは、自分がいつでも穏やかな気持ちになれたり、ハッピーな気持ちになれるようなものを身近に置いてください。

人によっては、音楽かもしれませんし、アロマを焚くことかもしれません。どんな環境であれ、自分の気持ちが落ち着くことが出来れば、なかなか妊娠しなくても焦らなくなったり、周りの声も聞き流せます。

もし、どうしても癒す環境が作れない場合は、視覚に入る色で精神を安定させましょう。穏やかな気持ちになるのは暖色系が基本ですが、一番いいのは、女性ホルモンの分泌を促すと言われるピンク色です。

濃いピンクではなく、ベビーピンクやサーモンピンクなどの淡い色合いの方が、優しい気分にさせてくれます。カーテンやカーペット、寝具などに取り入れてみるのがお勧めです。

とにかく、妊娠しやすい環境というのは、自分が癒されて、満ち足りた気分になるような環境なのです。